水道工事は何をすることか

水道工事は何をすることか 普段から何気なく使っている水道は、トラブルが出れば修理の必要が出てくるでしょう。工事といったレベルになることも珍しくありません。簡単なものであれば、修理をする程度で済みますが、大きな交換となってくれば、かなりの費用にもつながるでしょう。ですが、これだけが範囲ではありません。もっと幅広いサービスを持っているため、うまく活用していく必要があるでしょう。

■修理だけではない専門領域

水道工事店の仕事の大事なところとしては、修理があげられるのは間違いありません。水漏れを起こしている状況は、早急に回復していかなければいけないからです。大事なことではありますが、これだけではないことを理解しておく必要があるでしょう。特に工事として重要になってくるのは給水です。さまざまな設備に給水していかなければいけませんが、工事も必要になってくるでしょう。そのままつないでも、水がきていなければ使えないからです。新築でも給水関係は専門の工事会社の領域になってきます。
給水設備が必要になれば、必ず排水も作らなければいけません。排水がなければ、給水しても意味はないでしょう。どちらも揃っていなければ、設備として機能させることができず、活用ができないからです。排水も状況によっては交換する必要が出てくる場合があります。破損することもありますし、壁を壊して交換するといった内容の必要性もあるからです。

■幅広い業務範囲
工事の内容としても、かなりの広さが出てきますが、点検といったことも重要になってきます。いろいろな設備があることから、大きなトラブルになる前に、点検して修理してしまうことも必要です。配管の点検をすれば、状況が見えてくるようになりますし、修理する箇所を判別できるようになるでしょう。屋外にある機器のトラブル対応も範囲に入ってくるため、さまざまな範囲を調べていくことが必要になってきます。
水道工事といっても、水回りだけではなく、エアコンなども対処できるところが増えてました。取り付けをおこなっているところもありますし、清掃などを手掛けているところもあり、総合的に依頼ができるようになっています。オール電化もそのひとつであり、なにも電気会社だけがおこなっているわけではありません。トラブルの対応も総合的におこなうようになり、ワンストップの依頼が特徴のところも多くなっています。

■水道局の指定とは何か

水道工事をおこなっている企業のホームページを見ると、水道局指定といったことを見かけることがあるでしょう。指定と書いてあるから安全であるという意味ではありません。許可を得ている証拠となりますが、慎重に選ぶポイントのひとつになるのは確かです。申請をしなければ受けることができない許可なのであり、技術などもなければいけないということになるでしょう。
許認可などは、意外に知られていないことが多くなります。どこでも得られるものではないところも判断基準のひとつになってくるでしょう。お墨付きを得られるかどうかだけでも違いがあるからです。もうひとつ取り消される可能性があることも理解しておかなければいけません。ペナルティを受けるようなことがあれば、認可は取り消されてしまうからです。だからこそ、判断基準のひとつとして考えることができるでしょう。

■まとめ
水道工事は、実際に多岐にわたります。小さな範囲のように見えますが、大きな範囲を受け持っていることが多くなりました。こうした状況を知れば、利用できる範囲もかなり大きなものとなっていくでしょう。自治体によって違いがあったりする部分もありますが、こうした知識を持っていれば、選択に失敗するようなことが減っていくはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース